セフレと本命の違いは?セフレになる人の特徴とセフレから本命になる方法

セフレ関係に留まる人と、本命になれる人の違いは一体何なのでしょうか?

そとそも、セフレと本命の違いにピンと来ない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、セフレと本命の違いやセフレになりやすい人の傾向、セフレから本命になる方法について詳しくまとめてみました。

セフレ関係に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

セフレと本命の違い

体の関係があるのはセフレと本命も同じですよね。

頻繁に会うセフレもいたりするので、セフレと本命の境界線は分かりづらいのも事実です。

その違いを見極める3つのポイントを紹介します。

1. セフレには会う時にしか連絡をしない

セフレは、性欲を満たすだけの関係でしかありません。

会わないで、他愛もない連絡をすることはほぼないでしょう。

これは、本命とは大きく違う点と言えます。

本命には用事がなくても連絡をすることはありますが、セフレにセックスの用事以外で連絡はしません。

今度会えるのはいつなのか、すぐに会えるのか、など会うことに直結する連絡がメインになってきます。

2. 返信はすぐにはもらえない

セフレへの連絡の優先順位は、かなり低いと考えておいてください。

都合の良い相手でしかないので、既読スルーは当たり前です。

仕事や本命が優先になってしまうので、セフレへの返信は後回しになってしまいます。

すぐに返信が来ることもありますが、それはたまたま時間があって、なおかつエッチがしたいだけということがほとんどです。

3.お金にシビア

ホテル代などのデート代や食事代など、本命に対しては気前が良くなるのも当然のことです。

記念日や誕生日のプレゼントも用意するでしょう。

しかし、セフレに対してプレゼントを贈ってくれるような人はいません。

それどころか、ホテル代も割り勘にされることもあります。

お金を出し渋るのは、大切に思われていない証拠です。

先に体の関係を持ってしまって、このような扱いをされてしまっているのであれば、警戒した方が良いかもしれません。

セフレになりやすい人の特徴

セフレになりやすい人には、ある特徴があります。

セフレ関係に陥って、何度も同じことを繰り返して悩んでいる人も少なくありません。

そうなってしまう人の特徴を3つ挙げてみました。

1. 押しに弱い人

嫌なことは嫌だとハッキリ伝えるのが苦手な人は、押しに弱い傾向があるので、セフレ関係に持ち込まれがちです。

ただただセックスをしたいだけの男性から見れば、都合の良い存在でしかありません。

迫られてハッキリ断れず、ズルズルしてしまう人は、要注意です。

その場の雰囲気に流されやすい人も、セフレにされる傾向があります。

2. あらゆる不満を抱えている人

仕事が上手くいっていなかったり、今の生活に満足していなかったり、友人関係や恋人との関係が良好ではなかったり、何らかの不満を抱えている人は、セフレになりやすい傾向があります。

常に欲求不満で心が満たされておらず、誘惑に負けてしまうのです。

満たされない気持ちをセックスで埋めたとしても、結局は虚しくなる…そんなことを繰り返してしまう人というのは、セフレ関係もズルズルすることが多いでしょう。

3. つい尽くしてしまう寂しがり屋さん

どんなに酷い扱いをされても、尽くすことをやめない人は、良いように扱われてセフレになりがちです。

毅然とした態度が取れる人は、セフレにはなりにくい傾向があります。

依存関係から尽くすようになると、終わりの見えない底無し沼にハマってしまいます。

尽かすということ自体が決して悪いことではありません。

尽くす相手を間違えてしまうと、結局は自分が傷付いてしまいます。

また、そういう人に限って寂しがり屋が多いのも事実です。

寂しさを埋めるために体の関係を持ち続けてズルズルすると、都合の良い存在としていい加減な扱いを受けることが多々あります。

セフレから本命になる方法

一度セフレ関係になってしまうと、そこから本命になるのは至難の技です。

でも、望みがない訳ではありません。

セフレから本命になる方法を紹介します。

1. 本命になろうとしないこと

セフレからの脱却をするために、本命になろうとするとほぼ上手くいきません。

相手を束縛し出したり、関係について問い詰めてしまうと、面倒くさいと思われて、関係自体が終わる恐れもあります。

そのため、敢えて本命になろうとしないでいることが大切です。

都合の良い関係を続けるのは精神的にも辛いものはありますが、居心地の良い最高のセフレになることこそが、本命への近道だと考えてください。

2. 一度セフレをやめる

一度、関係を清算してみるというのも一つの手です。

自分からはもちろん連絡は取らないようにして、相手からの連絡にも応じないで、様子を見てみましょう。

少しでも脈があるなら、大切にしようという気持ちが芽生えるはずです。

しかし、そのまま自然消滅するようであれば、それまでの関係だったということになります。

3. 独占欲を芽生えさせる

恋人でも家族でもない存在であるため、誰か他の人のところにいったとしても、何も文句は言えませんよね。

それは、お互い様です。

しかし、それを逆手に取ってみたらどうなるでしょうか?

他の人のところにいってしまうかもしれない、ちゃんと繋ぎ止めておかないとダメだと思わせることができれば、本命になれる可能性も期待できます。

セフレと本命の違いまとめ

大人の割り切った関係と言えば聞こえは良いかもしれません。

しかし、あやふやな関係でお互いがずっと納得し続けるのは、難しいのが現実です。

セフレと本命の違いを踏まえながら、後悔のないような行動を心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました