セフレの連絡頻度はどれくらい?連絡をするときの注意点

特定の恋人ではないセフレとの関係は、大人の割り切った付き合いでもあるため、どこまで踏み込んで良いのか、線引きが難しいところです。

連絡頻度や連絡の際に注意すべきことなど、人にはなかなか聞きづらいポイントを分かりやすくまとめてみました。

セフレとの関係に悩んでいる方やセフレに興味がある方など、是非参考にしてください!

セフレへの連絡頻度はどれくらいがベスト?

恋人関係ではないので、用事がないのに連絡を取り合うのも違和感があるケースもあります。

2人の関係性によって変わるところもありますが、連絡頻度の目安について解説します。

・お互いフリーの場合

お互いフリーであれば、相手の恋人や家族にバレる心配もないので、毎日連絡を取ってもおかしくはありません。

気軽にエッチな会話を楽しんだり、画像を送り合う場合もあります。

長年セフレ関係でいる場合は毎日のように連絡をすることは稀ですが、セフレ関係になって間もないと、新しい恋人ができた時のようにテンションも上がるので、頻繁に連絡するのはアリです。

ただし、相手の様子を見ながら頻度は考えていきましょう。

 

・恋人・配偶者持ちの場合

恋人や配偶者がいる人をセフレにした場合は、まずバレないようにする必要があるので、あまり頻繁には連絡できません。

相手の恋人と揉めたり、離婚するようなことになってしまったら、自分の身も危険に晒されます。

とにかくバレないようにするというのが大前提です。

週に1〜2回の連絡であっても、アウトと考える方が安全でしょう。

月に1回、もしくは多くても半月に1回程度にしておくと、バレにくくなります。

セフレから連絡が来る理由

セフレから連絡が来ると、ちょっと気になってしまうこともありますよね。

セフレが連絡をしてくるというのは、どういう時なのでしょうか?

代表的なケースを3パターン紹介します。

 

1. 予定調整

突発的に会おうという内容ではない場合、次の予定を合わせるために連絡してくることが多いです。

割り切った大人の関係である以上、こういった事務連絡は避けられません。

お互い都合の良い相手として利用しているので、予定を合わせるための連絡が一番多いのではないでしょうか?

2. セフレ関係が切れないようにするため

しばらく連絡をしないまま自然消滅してしまうという事態を避けるために、定期的に連絡をしてくることもあります。

セフレ関係が切れないように、様子を伺っているのかもしれません。

好意から連絡している可能性は、かなり低いので、相手に気持ちがある場合は期待しないようにしましょう。

3.単に暇を持て余しているだけ

恋人や家族がいる場合、そういった相手が忙しい時にセフレに連絡をしてくることもあります。

都合の良い相手に連絡をして、単純に暇つぶしをしているだけなのかもしれません。

構って欲しくて連絡をしてくるとなると、精神的に甘えている部分があるはずです。

セックス目的以外の連絡は、悪い気はしないですよね。

セフレ関係としては、良好な関係であると言えるでしょう。

セフレに連絡するときに注意すること

セフレは恋人とは違うので、連絡の際に注意するべきポイントがいくつかあります。

セフレはあくまでもセフレであるため、本気になってしまったら厄介です。

また、セフレからいつ連絡が来るか分からないという状況は、生活自体のリズムが崩れてしまう可能性もあります。

以下に挙げる3つの注意点に気を付けながら、セフレとの関係を築くようにしましょう。

1. 恋人になろうとしないこと

お互いに割り切った関係なら問題ないのですが、セフレに気持ちがあると大変なことになります。

何回か関係を持ち、セフレのことを好きになってしまったとしても、恋人に昇格できるケースはほぼありません。

セフレから恋人になろうとしすると、とても辛い状況に陥ってしまいます。

相手がその気持ちを面倒だと感じたら、セフレ関係さえも維持が難しくなるでしょう。

自分の気持ちを押し付けず、セフレ以上の関係は求めないことは肝に命じてください。

2. 束縛しないこと

恋人関係だったとしても、相手の行動を制限するのは嫌がられることがほとんどです。

ましてやセフレが行動を制限するのは論外と言えるでしょう。

「今何してるの?」、「どこにいるの?」、「誰といるの?」といった内容の連絡は、絶対にしてはダメです。

恋人や家族でもないのに出しゃばってしまうと、いきなり音信不通にされる可能性もあります。

好きな時に会えて、束縛もされないというのがセフレのメリットです。

それが打ち崩されてしまうと、それはもう割り切った大人の関係ではなくなってしまいます。

束縛したい気持ちが芽生えてしまったとしても、それを相手に求めてはなりません。

3. しつこく連絡しないこと

しょっちゅう連絡を取ってしまうと、セフレなのに依存してしまうことにもなりかねません。

付かず離れずの関係がベストなので、頻繁に連絡するのは避けた方が良いです。

いつ関係が途絶えても良いと思える程度の付き合いにしておく方が、心の傷も浅くて済みます。

依存しないように注意しましょう。

セフレとの連絡頻度は相手との関係次第

毎日のように連絡を取り合って、まるで恋人同士かのようなセフレ関係を築いているケースもあれば、月に1時あるかないかの頻度で連絡を取るセフレ関係もあります。

連絡頻度に決まりはなく、相手との関係性で決まってくるのではないでしょうか?

相手の出方を見て、何となくベストと思える連絡頻度を見つけてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました